着圧タイツのおすすめ

ひどい腰痛対策にはコルセットやサポーター、慢性的な腰痛は着圧タイツで緩和

ひとことに腰痛といっても種類はさまざまです。

しかも、腰痛と言われる症状のうち85%が原因がはっきりしていない腰痛(非特異的腰痛)と言われていて、私はこれに当てはまります。

しかし、中には病気からくる腰痛や職業性の腰痛もあり、対処法は異なります。

自分の痛みの種類を理解して正しい改善方法を選びましょう。

あなたに合った腰痛対策はこれ! 痛み別のオススメ対策法

腰からお尻かけてピリピリしたしびれがある場合

おすすめの対処、対策法

  • コルセット(受診の必要あり)

腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

椎間板(骨と骨の間を支えている軟骨)が横にずれる病気で、飛び出した部分が神経を圧迫して炎症し、痛みが起こります。

その他の特徴は「立ったままの方が楽」「靴下を自分で履くのが辛い」など。

このような症状が出た場合は自分で改善することは難しいので、すみやかに整形外科を受診しましょう。

脚から始まったしびれが腰にくる場合

おすすめの対処、対策法

  • コルセット(受診の必要あり)

腰部脊柱管狭窄症(坐骨神経痛と呼ばれることもあり)の可能性があります。

加齢による椎間板の変形や腰の関節の変形によって起こる、高齢者に多い病気です。

その他の特徴は「座ると楽になる」「歩いているとしびれが出てくる」など。

こちらもすみやかに整形外科を受診しましょう。

仕事で無理な体勢が多い、たまにしびれが出る場合

おすすめの対処、対策法

  • サポーター

介護職や運輸業など、職業柄どうしても腰痛が改善しにくい人にはサポーター(腰痛ベルト)がオススメです。

職業性腰痛という名前で分類されており、場合によっては労災が認定されることもあります。

労災が認定されると診察費・生活費が支給されるので、我慢できない痛みであれば職業病だと諦めず、一度整形外科を受診してみるといいかもしれません。
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/111222-1.pdf
(厚生労働省の腰痛労災認定ページ)

なんとなく腰が痛い、だるい、重い場合

おすすめの対処、対策法

  • 着圧タイツ
mari
mari
私の腰痛はこれです。非特異的腰痛とも呼ばれています。

原因は筋肉の緊張による“こり”なので、筋肉を刺激してゆるめることが必要になります。

腰を動かすと改善するので、着圧タイツで骨盤補正しながら腰の筋肉を刺激するのがオススメ。

慢性腰痛にはコルセットやサポーターで腰を固定することは逆効果になる場合があります。

ここで紹介した病気だけでなく、脊椎腫瘍や解離性大動脈瘤など大きな病気の症状として腰痛が現れることもあります。
ひどい腰痛の人は自分で改善しようとせず、かならず整形外科を受診しましょう。

しびれるような腰痛はコルセットで痛み防止

痛み改善レベル:★★★
動きやすさ:★☆☆
目立ちにくさ:★☆☆
再発防止度:★☆☆

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など腰を動かしてはいけないレベルの腰痛は、しっかりと腰を固定してくれるコルセットで改善しましょう。

腰を強く固定することで痛みを出にくくする器具なので、動きの自由はあまりききません。また、服の下に着けていてもある程度目立ちます。

腰痛を改善するというよりは、これ以上悪くなるのを食い止めるために一時的に使用するための器具です。

固定して痛みを緩和している間に、薬物療法や神経ブロック療法(ステロイド薬などで痛みを麻痺させる療法)を行います。

長い間コルセットだけに頼っていると、腰の筋力が落ちてきて腰痛が再発しやすくなります。

骨盤の歪みを補正する機能はないので、歪んだまま固定されて慢性腰痛になってしまうこともあります。

コルセットを着けているだけで腰痛が完全に改善することはありません!

痛みが緩和された後は医師の指導に従ってリハビリや運動をしてください。

コルセットを卒業したらサポーターで生活し、最終的に着圧タイツで再発予防というレベルまでいけると理想的だと思います。

コルセットの種類

  • 硬性コルセット
  • 軟性コルセット
  • 金属枠コルセット
  • 矯正コルセットなど

整形外科を受診すると正しいコルセットを処方され、適度な圧力に調整してもらえます。

相場としては診察費と薬とコルセットで5,000円以内で済むことが多いです。

仕事で腰痛に困っている人はサポーターで改善

痛み改善レベル:★★☆
動きやすさ:★★☆
目立ちにくさ:★★☆
再発防止度:★★☆

腰の動きの自由が必要で、ある程度腰を固定したい人にはサポーターがぴったり。

腰痛ベルトという名前でも売られています。

締め付け感はあるものの、仕事の邪魔にはなりません。

見た目にはコルセットほどの幅がないぶん目立たず、薄着だと着けていることがわかるかな?くらいです。

日常的な動作によって骨盤が歪んでしまうと、なかなか改善することができません。

サポーターをつけると少し安静な状態にすることができ、一時的な痛みの緩和になります。

腰回りに骨盤を固定するような形でぎゅっと締める構造なので、骨盤の歪みからくる腰痛にも効果があります。

私も中腰の仕事が続いたときに着用したことがありますが、仕事中の対策としては効果がありました。

腰痛で毎日の仕事が辛い人はとりあえず着用してみて損はないと思います。

慢性的な腰痛は着圧タイツで緩和して再発防止

痛み改善レベル:★☆☆
動きやすさ:★★☆
目立ちにくさ:★★★
再発防止度:★★★

なんとなく腰が痛い、体調によって腰がだるくなる、いつも腰が重い……そんな慢性的な腰痛には着圧タイツがオススメ。

腰の筋肉が硬くなって起こるので、安静にしていても改善しません。

運動の習慣がある人は腰を動かす運動を、運動の習慣がない人は着圧タイツで腰の筋肉を日常的に刺激し、筋肉をゆるめて腰痛を緩和しましょう。

着圧タイツには、筋肉に圧力がかかるように特殊な繊維が編まれているので普通のレギンスよりは動きにくいですが、日常生活に支障が出るほどではありません。

薄手なので、見た目は全く着けていることがわからないくらいです。

筋肉を刺激して腰の“こり”を取ってくれるため、慢性腰痛の人は加圧が気持ちいいと感じると思います。

また、骨盤補正機能もあるので骨盤からくる腰痛にも効果があります。

自覚症状として鈍い痛みがある人は着圧タイツで腰の“こり”をとる習慣をつけましょう。

慢性腰痛を改善すると、長時間座ったり立ったりしていても腰痛が出にくくなります。

持病だと諦めず、腰の筋肉がこらない生活習慣に変えましょう。

コルセット、サポーター、着圧タイツの腰痛対策まとめ

  • するどい痛みやしびれがある人は、病院でコルセットと薬を処方してもらう。
  • 仕事で腰痛が辛い人は、一時的にサポーターを使って痛みを緩和する。
  • 腰が重くてだるい人は、着圧タイツで根本的に腰痛を改善して再発防止。

ひどい腰痛の場合は根本的な改善よりも痛みを緩和することを優先しましょう。

痛みが引いてきたら、慢性腰痛にならないように腰を動かすことを心がけてくださいね。