十五歳の春。
その女子高生は、小さな列車に飛び乗った。
入学したばかりの高校へ、淡い恋心を胸に―。
大正時代から、今も現役で走り続けるローカル線「銚子電鉄」には、乗客の数だけ人生のドラマがあった。
歴史を知る老人、倦怠期を迎えた夫婦、夢を追う青年など。
彼らは時に交差し、それぞれが誰かの灯火として行く先を照らしながら、やがて一つの奇蹟に遭遇する。
心がほっこりと温まる、電車と人々の優しい物語。
tomoshibi_cover_mini
原作:吉野翠(『トモシビ 銚子電鉄の小さな奇蹟』/TO文庫刊)イラスト:げみ
(C)2015 Midori Yoshino/TO BOOKS
(※映画版の物語は、小説との違いもお楽しみください。)